ダイエットに活用するための青汁の活用方法

青汁でダイエット?

青汁は栄養を補助する食品なので飲んだら痩せるものではありません。

だけど、ご飯の前にサラダを食べるとどうでしょう?ごはんの食べ過ぎを抑えることができそうな感じしませんか?

まさしく青汁をダイエットに活用するためには、そういう使い方なのです。

ダイエットを成功させるためには、まず自分が1日に食べていいカロリーを知る

ダイエットを成功させるために、一番覚えておかなくてはならないことは、消費カロリーより食べてはいけないことです。つまり食べてもよい上限を知っておくこと。

自分の摂取カロリーの上限よりも食べ過ぎないために、青汁はよいサポートになります。

自分の1日の摂取カロリーの目安

摂取カロリーの目安は、自分の基礎代謝に比例します。

基礎代謝は、身長や体重、年齢によって違いがあり、計算式を用いて割り出しますが以下のサイトで簡単に割り出すことが可能です。

基礎代謝量計算

基礎代謝量よりカロリーが下回っても望ましくない

基礎代謝量は何もしなくても消費するカロリーの量です。

単純計算で考えれば、この基礎代謝量よりカロリー摂取量を下回れば痩せることができます。

ただし、この基礎代謝量はあなたの身体が正常に働くために必要なエネルギーなので、必要最低限に摂らなければなりません。

必要最低限のカロリーを下回ると、車で例えると常にガソリンがない状態。脂肪を燃やすチカラも、考えるはたらきも、思うように動かすことができなくなってしまいます。

そうなると、ツヤやハリ感もなくなり、毎日が重く、少し食べるとすぐに太りやすくなるような体質にも。そのために、自分の基礎代謝量のカロリーは摂取するようにすることが望ましいです。

食材は低脂質or低糖質・高たんぱくを意識する

食材は、なるべく脂質が少ない食材もしくは糖質が少ない食材を選ぶようにしましょう。

体重1㎏落とすための運動量が必要

まずは自分の体重を1kg落とすために何キロカロリー分の必要なのかを調べておきましょう。

ここで、大切なのは体重1kg落とすための運動が必要ということです。

ここで、疑問に思われるかもしれませんが、最初から基礎代謝量を下回るようにカロリー制限をすればいいじゃん!?って思われるかもしれませんが、これがダイエットを成功させるか否かの境目なのです。

あくまで、それは身体を動かすために必要なエネルギー。それを消費するのではなくて、活動量で消費していくとキレイなダイエットを実現することができます。

活動量は、通勤通学で歩くとか、家事や運動など。カラダを動かすほど消費されます。

厚生労働量による1日あたり10.000歩の消費カロリーの目安

300kcal

カロリー管理のために活用するのが青汁

 

カロリー管理していくと、自分がいかに日頃たべすぎているのかがよく分かります。そのため、食べる量に満足せず空腹を感じることも。

そんなときに、活用するのが青汁です。青汁には食物繊維が含まれいるので、ご飯の前に飲むことで、食物繊維がお腹のなかで膨れ、満腹感をサポートすることに役立ちます。

青汁をダイエットに活用するためのまとめ

 
ここまで読んだ方は、もう気がついたと思います。飲むだけとか〇〇だけで楽に痩せる方法なんてないということに。

やるべきことはシンプルで1日に決めたカロリーを消費すること。そのために、食べる食材に気をつけることと動くこと。

あくまで、食べたもののカロリーが身体を作っているので、それを管理しながら健康的に落としていくことが、ダイエット成功の秘訣です。

そのサポートのために、青汁は便利に活用できる優れたアイテムのひとつ。この快調のアプローチにも特化した青汁が開発されましたので下記に
ご紹介いたします。

プレミアムすっきりフルーツ青汁という商品です。

この商品はこれまで述べてきました考え方にぴったりマッチしていますので役立つ可能性があります。そのほかにもプロテイン、乳酸菌、ビタミン、ミネラルも同時に摂ることが可能という一石三鳥くらいの役立ちがあります。

コメントを残す